冷え性に関しての情報サイト

冷え性とは

冷え性とは、体の手足などが、継続して冷たい状態のことを言います。「寒いわけではないのに、手足が冷える」「ベッドに入っても足が冷たいまま」といった冷え性で、ただの寒がりとは違い、からだ全体は寒さを感じないのに、部分的に「冷え」を感じる症状をいいます。冷え性体質というような言い方もするので、体質によるものではありますが、体質と言っても生まれつき冷え性というわけではなくて、日常生活や食生活の習慣によって、冷え症が起きるとも言われています。

 

人間の体というのは、熱を作って常に温かい状態です。しかし冷え性の人というのは、熱を作り出すことができません。冷え性は手足が冷たく感じるだけでなく、様々な体の不調も現れてきます。たとえば、片頭痛がしている、運動すると倒れそうになる、熟睡できない人や、疲労がたまりやすいなど、様々な体の不調が現れます。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

冷え性は病気か?

西洋医学では冷え性は病気として扱われず、単に身体の自覚症状(不定愁訴)に過ぎないと考えられています。 しかし冷え性は、全身の血管をコントロールしている自律神経のバランスがくずれ、調節がうまくいかなくなることから、あえて病名をつけるなら「自律神経失調症」 のひとつともいえるでしょう。自律神経のはたらきが乱れる原因は、ホルモンバランスの乱れのほかにも、ストレスや栄養不足、貧血などが考えられます。 こうしたからだの内的な要因によって起こる冷え性に対して、夏の冷房病など外的な環境の影響で起こる「冷え」もあります。からだが冷えやすい人は、夏でも 冷たいものを飲みすぎたり、ノースリーブやミニスカートなどで薄着をしたりするのは避けたほうがよいでしょう。屋外と室内の温度差が大きいことがストレスになって、自律神経のはたらきが乱れることもあります。

 

また、慢性的な血行障害が、肩こりや腰痛、肌あれ、肌のくすみなど、さまざまなトラブルにつながります。貧血、糖尿病、腎炎、心臓病、卵巣機能障害、栄養失調、心不全などの病気がかくれていることもあるので、症状が重い場合には一度検査を受けるべきです。 さらに、手足が冷えるといったレベルを越え、痛みをともなうなど症状がひどい場合には、まれにレイノー病、バージャー病、膠原病、血栓症など血行障害の病気が原因となっていることもあります。

 

冷え性の原因

冷え性とは身体の保温を保つためのエネルギーを運ぶ血流が悪くなる事で症状として出てきます。その冷えを起こす原因は、運動不足、ダイエットや偏食による食生活の乱れ、ストレス。ホルモンバランスの乱れ、自律神経のバランスの乱れ、低血圧、貧血、動脈硬化などが、血流を悪くする原因としてあげられます。他にもたくさん原因はありますが、このように毛細血管へ暖かい血が運ばれない状態で血行が悪くなることで冷えを感じてしまいます。人間の身体は毛細血管を使い外に体温を逃さないようにする機能があるのですが、毛細血管に血液が行き渡らない状態が続くことにより、血管が収縮し、冷たくなって冷えになります。

 

このほかにも考えられる原因として、衣服等からの要因もあります。特に女性に多いのですが、ボディラインにぴったりとした窮屈な服や下着を着ることも、身体に圧迫をかけてしまい毛細血管に血液を運ぶのを妨げてしまいます。身体にきつい服を身につけている人とゆったりした服を身に着けている人では体温の上昇が違うことが実験でも実証されているようです。服装の他にもエアコン等の機器の多用により、人間の身体に備わっている神経機能がにぶることで皮膚から脳に「冷たい」「寒い」などの情報が上手く伝 達できなくなり、いざ寒いというときに身体を温めてくれるエネルギーを送り込む自律神経がうまく機能しなくなることも冷えの原因となります。